スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


4/22 名探偵コナン 沈黙の15分

今年も観て参りました。

春映画なのに劇中の季節は冬なのは良いんですが。
だけど雪の結晶だらけだったので少々違和感を感じました。
場所は新潟県とな!?今日行く筈だったんだぜ。

さて、今回は冒頭からコナン大活躍です。ド派手です。
リアルにこんな小学1年生が居たら正直怖い・・・と思うぐらい、
いつも以上にありえない展開にご期待下さい(何の宣伝だ・・・)

今回、コナンと哀ちゃんの保護者っぷりが素敵です。
蘭は相変わらず違う方向に推理が飛んでいます。いい加減、気付いてーーー!

犯人候補(と言うのもどうだろう・・・)の1人の声、関さんじゃんビックリマーク
最近モモタロスしか聴いてなかったから新鮮音譜
声と言えば戦場カメラマンさんですが、これだけなら出演はなくても・・・。

今回は少年探偵団メイン。
元太と光彦が珍しく本気で喧嘩するシーンがあったのですが
光彦が言ってはならない言葉を元太に言いかけた時、

「一度口から出しちまった言葉は、もう元に戻せねーんだぞ。
言葉は刃物なんだ。使い方を間違えると、やっかいな凶器になる。
言葉のすれ違いで一生の友達を失う事もあるんだ・・・」

とコナンが2人を諌めるセリフを言った時、泣きそうになりました。
最近は言葉よりもメールで友人と衝突する事が多いとどこで読みました。
自分もその1人なのでこのセリフはグサグサ来ましたよ・・・ガーン
絶縁状態ってワロエない。

クライマックスもド派手です。
今作は謎解きが好きな人には物足りないと思いますが、
アクションが好きな人には楽しめると思います。

前から思ってたけど光彦も実は体は子供、頭脳は大人なんじゃねーかな。

2回目のコナン

コナンの放送が土曜日の夕方に移動してから店で観ている母。

それまで全く興味無かったくせに、人ってよく分かりません。


で、先日、

面白かったので2回目行って来るパー

・・・GW一緒に行く?


と聞いてみた所「行く」と言ったので鼻からミルク出す勢いでびっくりしました。

本当、人ってよく分からん。


日が経つと映画の番宣も変わるようでして・・・


「東映から重大な発表があります」


と画面にモモタロス、キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!

そして盛大にフイタ。

電王、面白過ぎ。


前売り券の宣伝もしておりまして。

「これ欲しいんちゃうん」とのオカンセリフにズコーッ!!


前売りに付く特典が激しくいらなかったしレイトショーで行くなら勿体無いでしょ。

それよりも欲しいと思われてる自分、何なの・・・ガックリ


コナンですが、2回目だと流石に心の臓は落ち着いた物で(笑)

笑えるシーンは笑ってたけど全体的に冷静に観てました。


ただ、朝に行ったのでちみっ子がたくさん居たのは仕方ないけど

後ろの列の人達がしきりに席立って、その度に椅子にぶつかるから

あんまり集中出来なかったのもあるかも。


前の映画館の音響のせいかドキドキし過ぎていたせいなのか

飛空船でのシーン、エンジン音(ヒュンヒュンだっけ)がしてたんですね。

・・・耳が悪くなっている可能性も無きにしも非ず。


さて、3回目は・・・行きません、多分(笑)

Blu-ray販売されるまで楽しみに待つ事にしますニコニコ



名探偵コナン 天空の難破船

毎年恒例、コナン映画を観て参りましたニコニコ


今年のは面白いビックリマークと某掲示板でも言われておりましたが

果たして本当に面白いのか?


まぁキッドが出てるからオールオッケーや。

・・・と言う訳でもありませんが(笑)


キッドは邪魔だと言う人も居ますが、たまに出てくると

マンネリなストーリーに花を添えてくれますよね。


主人公を食ってしまう花は危険でござるが汗


おっちゃんの声が変わって初めて観たんですけど

あんまりセリフなかったからなんとも言えません。


でも小山さんは格好いいイメージが強いから

(ジョージ・クルーニー最高ネ!)

おっちゃんじゃないんだなぁ・・・。やっぱ彼の人だろ、と。


さて。

今回はなんと言いますか、ハラハラドキドキが止まらず。

心の臓が調子悪いのか!?

と思うぐらい鼓動がドキンドキンしてました。


いやー、ストーリーも結構面白かったです。

こいつ怪しすぎるだろっと言う人物がまさかの・・・!!

(誇張記事、イクナイ)


毎回、原作ポスターはイメージで書いた感がありましたが

(そして毎回「こんなシーンないやんっ」と突っ込み)

今回は当たらずと言えども遠からず、なのですよ。

フフフ。


蘭は素直でいいと思うんですけど

今回は流石に、もう少し新一を信じてやって!

と思いました。

(;´▽`A``


佐藤・高木両刑事も・・・。


さ、2回目行くか!(え?)



劇場版 遊☆戯☆王 3D

・・・え!?何の冗談はてなマーク


いや、予告を見て3Dなら観たいと思いまして。

しかも歴代の主人公が揃うってのに観ない訳にいくまい。


・・・実は初代しか知らないので2代目と3代目の世界観が

ワケワカランかったのは秘密にしておいてください。


平日の夜で空いてると思うけど流石に恥ずかしい。

だけど観たい。

どうしたもんかしら・・・。


あ。これだ!!


とカバンからおもむろに出しましたのは白く輝くマスク。

これで口元隠せばまだマシだっ。・・・多分。


・・・ここまでして観たかったのかと自分に突っ込んだけど。


結構面白かった。

アバターの時より3Dが効いて(?)いたし。


席の問題もあるかも。

アバターの時に予告してたトイ・ストーリーが3Dに見えなかったけど

今日は一番後ろで観たので「おお〜」と思ったです。


アバターの時やってたFF13のデモやらなかったのは残念。


公開からまだ日が経ってないのであまり書けませんが

遊戯はなんつーか相変らずだったなぁ。

名も無きファラオになったら余計にセリフに力入るとことか。


デュエルの攻防戦は面白かったけど、途中から

一体いつまで自分達のターンなんだ???

コンボとかコンボとかコンボとか。


と、こんがらかっておりました。


「ブラック・マジシャン」を2代目の子が「ブラマジ!!」って言ったんだ・・・。

ブラマジて・・・。


対戦相手ってロンドンブーツの敦だったんですね。

全く分かりませんでした。

主題歌もJealkbだった事にびっくりです。


主人公と3Dしか目が入ってない証拠です。

(;´Д`)


カードゲームしてるちみっ子は頭の回転良さそうな感じがする。



3ゴムゴム

「ONE PIECE-FILM- STRONG WORLD」を観て来ました。



3回目ですが何か?



本当は2回目で「もう、いいや」となったのですがある理由で激変。


その1

TOHOシネマズのキャンペーン。

お年玉年賀はがき(使用済)の末尾が「1」か「4」を見せると

2/28まで1000円で観られる。


その2

アバターを観に行った時にようやくシネマイレージカードに入会。

マイル貯めるのに必死w


その3

上映期間が長そうでDVD化するのは相当遅いかもしれない。


一番の理由は麦わら海賊団が揃った所をやっぱり又見たい。

尾田っちによると一味がバラバラにされてから1年経っている様です。


・・・まじかよ。


3回目となると観る箇所が変わってきます。

動物やキャラの何気ない動きに注目してました。


巨大タコのパンチが「ゴムゴムのガトリング」の様で格好良かった。

タコですけど。


殴りこみ時の一味の最初の銃をぶっ放す動きとか。


後ろに居たカップルの女の子は付き添いで来たらしく

何故ルフィが縮んだのか彼氏に聞き、ご丁寧に解説。


他にも所々でなんか喋ってて本当うるさかったので

「うるせー!!!」

と言いそうになりました・・・。


別の席に居た子供ですら静かに観てたと言うのに。


上映中はお静かに。



ONE PIECE FILM

ディケイド終了5分後にONE PIECEが始まる映画館を選び

驚異の2本立てをしてしまいましたw


昔は2本立てって普通にあったんですけどねぇ。


ディケイド終了後、大急ぎで別スクリーンへ行ったら・・・

うはっっ何これっ!?


中に入るのに物凄い行列。


指定席やのになんで並ばされてるねん・・・。

(;´Д`)


ちなみにディケイドは夕方までしか無く仕方なく購入しましたが、席、空き空きorz

ONE PIECEはレイトショーだったので子供はいませんでしたが、満席!!


この差は何。


今回は原作者の尾田っちwが制作総指揮だったからなのか

大人も期待大だったんでしょう。


実は久しぶりにアニメを観ました。

CP9の時ちょろっと見たぐらいかも。


続けて見てたのはチョッパーが仲間になるまでです。

あれは大泣きしたなぁ。


なのでサウザンド号が動いているの見るのも、

ブルックが喋っているのを見るのも初めて。


なんか感動。


映画ですが、面白かったー音譜

やっぱりワクワク感がないとニコニコ


ロビン姉さんの冒険服にメロリンラブでした(笑)



ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破

土曜出勤の帰りにやっと観に行って来ました。


公開日の週は20時半だったから、時間空くけどレイトショーだし

ま、いっか、と思って行ったら19時半に変わっていた・・・orz


22時もあったけど流石にそんな時間まで待てない。

と言う事で一般料金を払いました。

(;´Д`)


結構カップル多くてびっくりした。

エヴァはカップルで観る時代になったのですね。


ちなみにエヴァを観るにあたって自分で注意すべき点がありまして。


自分の心に余裕が無い時は観てはいけない。


内容が内容なんでギリな時は引っ張られてしまうんです。

未熟者ですいません汗


そんな今回は、物凄く疲れたorz

前作はそうでも無かったんですけど。


ところで、これは原作のもう一つの物語だと思って観てました。

某キャラの設定が違うのが一番の理由ですね。

使徒はなんとなしに弱くなった気も・・・。


新キャラの行動がよく分からない事を除けば、見応えはありました。


最後は時間が止まった様に固まってしまい(他の皆さんもw)

エンドロールで我に返ったら涙出てきた。

大丈夫か、お前・・・。


疲れたと言いつつ次回も観に行きます(笑)



ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序

去年の9月頃「映画館には観に行かねぇ!」と書いておきながら観てきましたよ。
エヴァンゲリオン。いや、ヱヴァンゲリヲンか。
今日が最終上映と知った途端、書いた内容を綺麗さっぱり忘れた人間ですいません。

行った映画館は受付がガラスで遮断されているので店員はマイクで応対します。
復唱するのは当然の行為ですが「ヱヴァンゲリヲン、大人1枚。劇場は1番ですー」て、大音量で言うな!!
(つД`)

これ、TVシリーズの第壱話から第六話までのストーリーの様ですね。
全部見た人間としてはストーリーが詰め込まれ過ぎていてちょっと物足りなかったかな、と。
絵のクオリティはかなり上がってました。
新たなシーンもちょこっと混ざってたし、第3新東京市が武装体勢になるシーンは見入っちゃいました。
後は、シンジの叫び声は心を鷲掴みにされた。参ったなぁ。
新たにセリフ入れ直してんのかな?

リアルタイムに見ていた頃はシンジとシンクロし過ぎて見終わった後、気持ちがズドーンと落ちてたんですが(笑)今回は第三者的に観ました。
いい年して未だシンジの気持ちに同意してATフィールド全開してたら大人としてダメでしょうし。
・・・ATフィールド全開って言っちゃってる時点でダメやん。
(;´Д`)

最後はやっぱり劇場版の方で終わるのかな。
TV版の最終回の方が好きなんですけどねぇ。

劇場版「名探偵コナン 紺碧の棺<ジョリー・ロジャー>」

公開したばかりですから詳細は書けませんけど可もなく不可もなく、と言った所でしょうか。
犯人が中盤で分かってしまったので推理要素を求めている人には物足りないかも。
「私が怪しいです」と言っている様なもんでしたし(笑)
面白いかそうでないかはその人がどこに重点を置いて観ているか、なのでなんとも言えませんけど。
しいて言えばキャラ達の絡みが薄い感はあるかな。
ちなみに私の場合はアクション要素が多ければ・・・いや、キッドが出てればオールオッケー(笑)
まぁコナンはこう言う観かたがあるから面白いんですけどね。

映画のCMで「パイレーツ3」がキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
「2」があれだったからあまり期待していません。
何気にバルバロッサが好きなんで復活は嬉しい。
スパイダーマン3は面白いらしいけど、これもどうだろう。
キルスティン・ダンストがどうも好きになれん。ヒロインて感じしないんだな。
キーラ・ナイトレイの方が好きってのもあるかも。
ああ、ハリー・ポッターのCMもありました。
ダニエル君はもういいんじゃね?
最終作まで契約結んだそうだけど、その頃彼は21歳だよ。
ハリーのイメージが強すぎて21歳で俳優人生終わってしまうんじゃ?といらぬ心配をしてみた。

ゲド戦記

久々の2本観劇。
まずはゲド戦記。

15日にワンピースのカラクリ城をDVDでやっと観たのですが、正直ゴローちゃんより岡田君の方が上手かった。
主人公アレンはかなり内向的な性格でセリフも押さえ気味なんで結構難しかったんじゃないかと思います。
文太さんは以前も出演されているだけあって安心出来ましたし、田中裕子さんも特にクライマックスは素晴らしい演技でした。
しかし声優さんをあまり起用しないのはどうかと思いますね。
有名芸能人を使えば興行が伸びると言う考え方には辟易します。

ストーリーですが、原作を知らないまま観たので深くは言えませんが全体的にイマイチな感が否めず。
最後は少々物足りなさがあったかな、と。
「ゲド戦記」なのに主人公はゲドじゃなかったので「ゲド戦記−アレンの旅−」にしても良かったんじゃないでしょうか。


search this site.

selected entries

categories

archives

Twitter

recent comment

recent trackback

links

profile

others

フィードメーター - 気侭帳

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2008 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR