スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


【WOWOW】ホッタラケの島〜遥と魔法の鏡〜

スカパー側で録画失敗と出ていたのに録画されてた不思議。
途中、電波障害があったのか映像の乱れがありましたが最後まで観れました。

まんが日本○話みたいな映像から始まったので普通のアニメだと思っていたら背景画以外全部CGビックリマーク
人物が異様に怖かったです・・・あせる
人物のCGは笑顔が特に怖い。FF8のリノアの怖い笑顔を思い出しました。

ホッタラケとはほったらかしと言う意味です。
つまり、うちの家にある物の事を言います。
・・・え?

最初見たらなんとなく展開が分かるストーリーでしたが途中で大泣きする箇所が。
くっ。油断したぜ・・・。

幼い時に母を亡くした主人公・遥。声もはるか・・・て狙ってんの?
高校生になった遥は父にキビシー!
父の声は大森南朋さん。声だけで哀愁の漂い方が半端無いです。

お母さんから貰った大事な鏡を探して不思議な世界「ホッタラケの島」へ。
この島は人間が捨てた物で出来ています。
なんと言う事でしょう・・・。
ガラクタから素敵な街並が島中に所狭しと溢れています。

そこで出会った「テオ」と言う狐の様な生き物と昔、大事にしてた羊のぬいぐるみ「コットン」と鏡を探します。
コットンの声、松元環季ちゃんとは全く気付きませんでした・・・。

物が多く、これまでもたくさんの物を捨てて来た自分、この映画を観てアイタタタ汗となりました。
鏡の世界に入った時、テオは言いました。
「本当にほったらかしにされているのは思い出だ」と。

物には魂が宿ると言われています。
昔で言う所の「付くも神」ですね。
特に生物の形をしている物は宿りやすいかもしれません。

・・・黒歴史な物もあるので思い出したくない物もありますが
忘れず今まさに使用している物は大事にして行きたいと思いました。


パイレーツ・オブ・カリビアン 2

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション [DVD]
パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト スペシャル・エディション [DVD]

今日は25日に公開される「パイレーツ・オブ・カリビアン 3」の復習に「2」をDVDで鑑賞。
特典DVDがやたら長くて凄い睡魔に襲われました。
映画館で観たときはイマイチだったけどDVDで改めて観たら結構面白かった。
大体続き物って最初の面白さに期待し過ぎてしまって大して面白くない。
だけど2度3度見たら面白い部分が見えてくるから不思議です。

ただ「オーシャンズ12」はあははな作品でしたけど。
評判はあまりよろしくなかったのに「13」をやるみたいですね。
出演している俳優は結構好きなんだけどなぁ。うーん。

バイオハザードII アポカリプス

バイオハザードII アポカリプス [DVD]
バイオハザードII アポカリプス [DVD]

スカパーで放送してたのをつい観てたら、もうこんな時間ですよ(;´Д`)

主人公、アリスがどんどん人間からかけ離れていくんですけども。
ゲームの「バイオ3」に出てきたSTARSのジル、アンブレラ特殊部隊カルロス、ニコライ(すぐ死亡)そして追跡者<ネメシス>が出てきたこの作品ですが ジルもカルロスも雰囲気が全く違う中、ネメシスだけが忠実に再現されておりました。
中の人、特殊メイク相当辛かっただろうなぁ・・・。

戦闘シーンが映画館で観た時より観やすかったけど、やっぱりゲームをベースにしているから映画を観ていると言う感じじゃなくてゲームしている感じでした。

ゲームの追跡者は相手を振りかぶって殴る時、確か右側に大きな隙が出来るんです。
そこを上手くすり抜けるとノーダメージで行ける、と。
プレイヤースキルの無い私は、常にメガトン級の鉄拳喰らってた事を鮮明に思い出しました。
・・・(つД`)

映画も多分続編があると思いますが、クリスやクレアとか出てきたら本当怒るよ?
バイオならゲームキャラを出さなくてもストーリーは確立出来る筈だし。
映画オリジナルキャラでストーリーを作って欲しいです。

ショーン・オブ・ザ・デッド

ショーン・オブ・ザ・デッド
ショーン・オブ・ザ・デッド


スカパー!で放送していたのを偶々観ていたのだが、最初ゾンビもんとは思わず観ていたおバカ。
なんでゾンビもんと気付かなかったのかと言うと、20分ぐらい一人のやる気ない男のダメ生活っぷりのシーンだったから。
「なーんかつまんねぇ映画だな、おい」
ってな感じでボーッと見ていたら(明け方4時ぐらいだったから余計ボーッとしていたのだが)いつもの様に朝、男が出勤しようとしている向こう側に動きが変な人が居て一気に目が覚めた。
そこでやっとゾンビもんと気付いたのであります。隊長。

「〜オブ・ザ・デッド」って付いてんだから気付けって話ですがね。

オペラ座の怪人

オペラ座の怪人 通常版
オペラ座の怪人 通常版


「チャーリーとチョコレート工場」を観た後、家に帰った時これを観ていない事を思い出し観始めたらいつの間にか夜が更けっていましたとさ・・・。

オーシャンズ12

オーシャンズ 12
オーシャンズ 12


購入してから随分経ちますが、やっとこさ観ました。
前回の「11」は役者それぞれカッコ良さとワクワク感があってそこそこ楽しめました。
しかし、大抵続き物って駄作に終わってますけど、これも例外で無かった_| ̄|○

貞子に勝てるか?

昨日テレビで「呪怨」をやってたので怖いもの見たさで見た。
・・・あんなに怖い怖い言われてたけど、なんかイマイチだった。
オムニバス形式は面白い発想だったと思うんだけど、内容が掴みにくい。
結局、奥菜恵は生まれ変わりなのか、それとも憑かれていたのか。
怨念だけをあの家に置いて生まれ変わった、とか、そんなん?
Mっちも途中から見たそうだが、途中からだったから余計に意味が分からんかったらしい。
劇場で見た事がある従姉妹妹に内容を聞いてみたら「私もよう分からん」と返ってきた。
なんじゃ、そりゃ。
彼女は「着信あり2」がいいらしい。

ハリウッド版にする程でもないような気がするが、お化け屋敷でやったらいいアトラクションになると思う。
と言うか、今年のエキスポの「人が演じるお化け屋敷」はこれをやって欲しいかも。

Mっちの今日の名言(笑)
「貞子には勝てん」

1

search this site.

selected entries

categories

archives

Twitter

recent comment

recent trackback

links

profile

others

フィードメーター - 気侭帳

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2008 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR