スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


探偵はBARにいる

どうも!祝日が月曜だと映画がデフォになるGJet家です!(T&B予告風w)

そこそこ面白かったですが、探偵としてその行動はどうなのよ?
と疑問に思うシーンもありました。

2枚目っぽい雰囲気出そうとしてる割りに怒鳴りながら突っ込んだり、おちゃらけてたり。
この探偵、何かに似てるなぁ・・・。
あ。仮面ライダーWのハーフボイルド・翔太郎や。
こちらの探偵はハードボイルドを目指しているとは言ってませんけども。

松田龍平の普通の兄ちゃん、小雪の魔性の女はそれぞれの役者さんのイメージが変わりました。

特に小雪が凄く良かった!
清楚に見えるからこそ魔性の女が際立っていたのかも。

一番驚いたのは高嶋政伸。
役が似合い過ぎ。ワロ・・・怖いよ!!
最初誰か分からずエンドクレジットでやっと分かったのでした汗
人って髪型でああも変わるんだなぁ。

続編決定したようですね。
気が向いたら観に行くかも・・・?

余談:
映画終わりにショッピングモール内歩いてたら仮面ライダーフォーゼの
キャラクターショーの場所取りの中、座って待つお父さんがちらほら。

ショーは15時からなのに時計の針は13時半。
お父さん・・・(;´Д`)

5/21 【字・超3D】パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉

超3Dとはなんぞや?
私の苦手なU映画館にそれはありました。

焼肉で言うと上カルビです。・・・意味が分かりませんよガーン
正式名称は「IMAXデジタルシアター」らしいです。

スクリーンが従来よりワイド、音はどの席に座ってもバランス良く聞こえます。
従来の3Dより飛び出し率は高いみたいな・・・。難しい事は分かりません汗
あ。字幕は飛び出してました。

超3Dの事はこの辺で。

ジャックの髪の色が前回より薄い茶色になり、なんだか一気に老けた様に見えた。
相変わらず飄々としていて何を考えているのか掴めないキャプテンです。
ジョニーはやっぱりこう言う役の方が格好いい。
ショコラのジョニーも好きですけど(笑)

某漫画にも出て来る最凶の海賊黒ひげはイメージが違ったです。
もっと凶悪な感じかと思ってましたが、ネズミーだから抑え気味にしたのでしょうか。
それ以前に、ひげが黒じゃないのはなんでなんだぜ。

人魚と恋に落ちる牧師さんがどうも納得行かなかったです。
本当にこの牧師は人魚の事好きなのでしょうか???
いやー、なんか恋してると言う感じに見えないと言うか・・・。

新キャラになると思われる女海賊アンジェリカ。
正直、キーラ・ナイトレイの方が海賊っぽくて好きでした。
もう出演しないって断言してるからなぁ。残念。

バルボッサ船長はやっぱり根っからの海賊だったのが嬉しかったです。


5/20 「GANTZ PERFECT ANSWER」

公開されてから観ようかどうしようか迷ってましたが本日観て来ました。
ポイントで。

ややネタバレしてます。

アクションですが、黒・松山ケンイチ格好良かったです。
殺陣が中々のモノでした。
陰のある役やクラウザーさんみたいなぶっ飛んだ役がよく似合うなぁ。

前回のモッサリ感は無く、スピード感溢れるアクションは良かった。
ただ前回のあらすじや山田孝之の役は必要だったの?

泣きのシーンはGANTZにはいらなかった様に思う。

何の為に星人と戦っていたの?
(歪んだ思想でチタマ守る為じゃね?多分)

生き返るのはGANTZに関わった者だけじゃないの?
(昔に亡くなった人まで生き返ったらパニックになるのに。鈴木って奴は・・・)

今回の中ボス、黒服星人さん達は一体何がしたかったの?
(他星人にGANTZの噂を聞いてやられる前にやるつもりだったのかも。でも星人のセリフで矛盾)

記者(山田孝之)は何故GANTZの部屋に行きたがったのか?
(まず何者だよ)

そもそもGANTZって何???
(ただの採点房)

謎が未回収のままなのに「PERFECT ANSWER」と言うのはどうだろう。
GANTZバッテリー切れて・・・半永久的に動いている物と思ってた。

終わり方にも納得出来ない。
クロノをずっと戦わせたい為にタエを狙わせたのなら、死んだ者含めメンバー全員
現実世界に返す条件を叩きつけ1人孤独に人知れず戦う・・・。

で、最後に遊園地のシーンでENDなら納得出来たかな。・・・多分。


GANTZ

観ようかどうしようか悩んでいたらPart2公開が迫っていたのは気のせい。

原作を知らず観たのですが、子ネギ星人があばばばばーーービックリマーク
となった時に原作エログロって誰かが言ってたのを思い出したガックリ
でもグロはここだけなので苦手な人は数分目を瞑っていれば大丈夫。・・・の筈。

田中星人の動きにクソワロタ。
実際あんなんに追いかけられたら今まで出したことの無い全速力で逃げます。
口からビーム出すから即終了ですが・・・ガーン

松山ケンイチは顔が大・・・。ニノが小さ過ぎるんですよ。羨ましい。
じゃなくて!
観終わった後、何だか全体的にパッとしないなぁと思いました。
もっさり感が大きかったです。

とか言いつつ。
戦いに敗れた加藤(松山ケンイチ)がその後すぐ生き返っていた謎。
星人を倒して100点取らないと生き返らせられないのにどうやって生き返ったのか?
この辺りちょっと気になるので次作も観る予定です。

今回のキャラや星人、そしてGANTZとは何なのか?
が物凄く気になってWikiで調べてしまいました・・・。悪い癖です。
(;´Д`)

原作では100点取ったら3つの選択肢があるのに映画では2つしかなかった。
これは続きは作らないよ、と言う事ですね。
2回に分けて公開されている時点で続きは無いって事なんでしょうけども。

次は吉高さんが標的ですがどう言う結末になっているか注目です。

(字・3D)ナルニア国物語/第3章

今回は前回までの4兄妹と彼らの従兄弟との世代交代のストーリーでした。
・・・ん?どっかで見た様なストーリーだな。

エドマンドは前回以上に更に男らしくなりました。
末っ子ルーシーも大人っぽくなりました。
2人に共通するのは兄姉に対してのコンプレックス。

でも兄姉に劣らず良い個性があってコンプレックスなんて持たなくていいのに。
それは第三者から見ればの話しだけど当人達にとっては深刻なんですよね。
1人っ子の自分、会社でこう言う思いしてます。
自分の個性で負けない所は変人部分です!・・・個性じゃねぇしorz

従兄弟のユースチスを演じた俳優ウィル・ポールターの演技が素晴らしかったです。
絵に描いた様ないじわるっ子オーラを全身で撒き散らしていて顔も残念だったのに
現実世界に帰る頃、顔つきが凛々しくなり男前が凄く上がっています。
2時間程の映画でここまで顔つきが変わるとは。
それだけ役に入り込んで演じている上、集中力も凄いんでしょうね。
・・・集中力が数分で途切れる自分は今心で土下座しています(誰に?)

最初ユースチスが受付なかったけど観終わった後、好きなキャラになりました。
次の章でどんな成長をして行くのか楽しみであります。

ツーリスト

ジョニー・デップ出演映画は観とかないと音譜
と言う事でレディース・デイなので行って来ました。

番宣でパイレーツ4、キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!
5月20日公開ですか。期待しないで待つよ・・・。

アンジェリーナ・ジョリー、相変わらずお美しい。白のドレスがとても映えています。
ジョニーはなんかふっくらしてるなぁ、と思ってたらこの役の為に体型変えたとか。
パイレーツ4の撮影と被ってたらしいけどキャプテン・ジャック痩せてたよな・・・。
役者魂は素晴らしいかもしれないけれど、お体大事にして下さいガーン

さてストーリーですが正直に言うと面白い面白くない以前に

地味。

この2人の出演でここまで地味な映画になるってある意味凄い事の様な気も・・・。
2人の魅力が目一杯引き出されずに中途半端になってる感が大いにありました。

後半グダグダな展開になっていったのは残念。
ジョニーの役が実はアンジーの恋人から全て託されたツーリストでした、
だったらつじつまも合ったのではないか、と。

ジャンルはサスペンスらしいけども(と後から知った)ラブロマンスと言うか、ラブコメ?
ジョニーの普通の人の役を見られたし(普通じゃなかったけど・・・)
アンジーもいつもと違う役を見せてくれたのは良かったです。

ストーリーは地味でしたが、ヴェネチアの街でツーリスト気分になれる・・・かも?

SP−革命篇−

地震前からオカンと映画行く約束していたので行って来ました。
月曜と第2第4火曜が実家の店の定休日。
中々一緒に出かけられんので祝日と被ると一緒に行動する事多いです。
だが、しかし。
火曜祝日の時は家で引きこもってます(は?)

約束した時点ではナルニア観る予定でしたがもう夕方1回しか無く、
そう言えばSP公開されてんじゃね?と気付きこちらに変えました。

前回の野望篇同様、岡田君のアクションに釘付けでした。
うむ。格好良い。

しかし内容が・・・。今の政府もこんなんだろうな。
香川さん演じるお偉いさんみたいな人はきっと居るだろう。
実際のSPの人も複雑な思いを抱えてらっしゃるかもしれない。
この状況で観たからか余計に思いました。

ところで。
仮面ライダーオーズにご出演の神尾さんがどうしても
SPの神尾さんと同一人物に見えません。

メガネ装着してるし役があまりにもかけ離れているから、では無く顔が違う。
これも役者さんのなせる技なんでしょうね。

真木さんも変わらず格好良かったです(´∀`)

SPACE BATTLESHIP ヤマト

明けまして おめでとうございます鏡餅

今年もよろしくお願い致します音譜


新年1発目の映画は「ヤマト」です映画

アニメのヤマトは途中までしか観ておりません。

それでも結末は知っているのに最後まで目が離せず。

随所に入るアニメのヤマトのあの曲に心が震えました。

イントロがいいんですよねぇ。長いけど(笑)


「古代はこんなんじゃねーよ!」

と思いつつ、何故かキムタクが格好良かったです。

雰囲気か。はたまた動き?あ、髪型?(え・・・?)

艦長代理になって分かった苦渋の選択をしなければならない苦悩の演技は良かった。

セリフは相変わらず「木村拓哉」だし、彼のクセ?みたいな演技も健在でうーんとなりましたが。

良いも悪いも含めて格好良かったです。


脇も実力ある俳優さんで固められて本当に豪華な映画でした。

黒木メイサは素敵で魅力的な女優さんですね。

役所さんが好きな理由がよく分かりました(笑)


アニメの時からヤマトクルーの制服のデザインに疑問なんですが、

あの下に向いている矢印は何を意味してるんでしょうか?


今年最初の映画は「当たり」だったので幸先いいかな?(笑)



【雑記】TOHOシネマのプレミアスクリーン

バイオ観に行った時にシネマイレージカードを出そうとしたんです。

そうしたらJCBのカードだったと言う。

マイルもポイントも当日しか付けて貰えないのでかなりショック受けましたガックリ

同じ赤いカードだったから信じて疑わなかった自分が悪いんですが・・・。


さて。

今回2本立てしたスクリーンはプレミアでした。

このプレミアっちゅーのは値段が通常よりお高い。

ですが自分が行く劇場はほとんど通常の値段で上映されています。


マイル1000ポイント貯まったら交換してやるぜ!

と意気込んでいたのにそりゃねーよ。

貯まりに貯まったマイルどーすんだよ・・・。


それは置いといて。


プレミアって以前から入ってみたかったので念願叶って嬉々しました。

何が違うってシートの座り心地。

TOHOシネマは普通のシートも座り心地は良いですがプレミアはその上を行く。

リクライニング出来るし極楽極楽・・・と寝てしまいそうになります(ちょっと言いすぎ)


プレミア内で売ってるフードのメニューは若干違いました。

そしてその売店で買うとなんと席まで持って来てくれるのです。

ほえぇ〜。


結構お気に入りになったので観たい映画が又うまく上映される事を願う。



10/22 大奥

今回、久々2本立てして参りました。

上映時間が上手い具合に合うと時たまやります。

しかし疲れるのでオススメ出来ない。

(;´Д`)


原作は未見ですがコミックの表紙は何冊か見た事あります。

黒い着物を着て伏目がちな主人公を物静かな青年と勝手に思っていたので、

てやんでぇ口調にのっけからズッこけました・・・。

江戸っ子だったんですね。


吉宗はコミックの表紙ではきつい女性将軍なのかなーと思ってましたが、

男前な性格と言う所が好感度UP。

白い馬に乗って颯爽と走っている姿はまさに「暴れん坊将軍」。

・・・ちょっとフイた。


疑問に思ったのは大奥に上がった男は謎の病気に掛からないんすかね?

説明を見落としたか病気になった者が居たがそこまで描写されなかったんでしょうか?

うーん???


最後のオチは読めてしまったので物足りないと言うかなんつーか。


ニノは演技の上手さに定評がありますし私もジャニの中では岡田君含め上手いと思っておりますが、

時代劇にはまだ早かったんじゃねーかな、と思いました。

大倉君は必殺で培った演技がこちらでもキラリとしておりました。

でも必殺の時の方が格好良い。


阿部サダヲは舞台の時と全く違うキャラだったのですげー!!しか言葉が出ず。

落ち着いた役もとても素敵です。


そこそこ面白かったですが全体的になんかモッサリだったな、と。




search this site.

selected entries

categories

archives

Twitter

recent comment

recent trackback

links

profile

others

フィードメーター - 気侭帳

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2008 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR