スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


ネバーランド

アカデミー賞にノミネートされているにも関わらず、日本での興行がいまいちでほとんどの映画館は終了していたのですが、近場で1ヶ所、25日まで上映している所があったので観に行って参りました。

内容的に暗い感じがし、且つ、デップの短髪が気にいらなくて最初は乗り気じゃなかったイケガミさん。
何故、気が変わったかと言うと。
デップファンであるオカンの為にアマゾンで「シークレット・・・」のDVD予約開始お知らせメールに登録していたのが来たので行ったら、偶然ネバーランドのお知らせメール登録のページがあったのですかさず登録。
ついでにレビューを見たら、書いている人全員が高評価。
これは、是非とも観なくてはいけない!
と言う訳なのです。
流されやすい性格でごめんなさい。

この映画は、劇作家ジェームズ・バリ(ジョニー・デップ)がある親子との出会いをきっかけに「ピーター・パン」の物語が出来上がっていくと言うもの。
史実に基づいているのでなんだかドキュメンタリーっぽいですが、そんな堅苦しいものではなく、心洗われる、美しくせつない映画です。
ピーター・パンは舞台で演じられて100年目。
この映画を観て、長い間世界中で愛されているのが分かった気がします。
この現実で夢見がちなのはあまりいただけませんが(笑)夢を持って生きて行く事は決して悪い事ではないと思います。

スポンサーサイト


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
久々の更新f(^ー^; で、それに相応しいかどうかは分からないけど、「ネバーランド」です。 いやぁ、久々に心に染み渡る作品を観ました。鑑賞中にぼろぼろと涙が出てくる作品ではないでけど、終わった後にきます。もう、エンドロールが流れてくるとジ〜ンと。周りです
  • In my opinion・・・
  • 2005/03/18 1:33 PM

search this site.

selected entries

categories

archives

Twitter

recent comment

recent trackback

links

profile

others

フィードメーター - 気侭帳

無料ブログ作成サービス JUGEM

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© 2008 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR